スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

神樹の館 レビュー

神樹の館クリアしたのでレビューします




・シナリオ
 主人公、工月秋成(くげつ・あきなり)は、大学の友人の麻子(あさこ)と、山奥にそびえ立つ洋館、「真珠邸」へと辿り着いた。快く迎えてくれたのは、メイドの紫織(しおり)。警戒してか近寄ってこない双子の少女、斎(いつき)と伊美(いみ)。姿を現さない、館の主人。こんなにも巨大な館にもかかわらず、住人は、たったの4人。
 もともとは、卒業論文のための資料を探しにやってきた、秋成と麻子。メイドの紫織が、二人を書庫に案内する。「よろしければ、しばらくお泊りになって、存分に研究なさってください―――」
 夜。慣れない枕になかなか寝付けない秋成。どこからか聞こえてくる、少女の唄声。誘われるように、館の奥へと足を踏み入れる。そこには、座敷牢の中で悲しげに歌っている、和服の少女。傍らには、白狼。ぞっとした瞬間、メイドの紫織の声が。「屋敷の中は、危ない場所もございます―――冒険心もほどほどに」気がつくと、館の中。さっき見た光景は、夢か、幻か。
そうやって、秋成と麻子は、徐々に引き返せない領域に、足を踏み入れていくのだった……

導入の部分はこんな感じなんです。
このゲームをやってまず目に付いたのが文章の堅さ。
全体のシナリオとしてはそんなに難解な内容ではなかったのですが
難しい単語の多用や地の文が完全に三人称で書かれているので読みづらかったです。
なので物語に引き込まれる、ということはなくプレイ中は終始、睡魔と闘っておりました。
田中ロミオがシナリオを手がけたゲームは何作かやっていたのですが
それらとは雰囲気が全く違っていましたね。
家族計画やおたぐらでみせたギャグは全くありませんでした。
まぁお話の完成度は高いとは思いますがいかんせん、とっつきやすさがないので俺には向いてませんでした。

・BGM
良い曲は多いけどちょっと少ない気がしました。
声優は聞いたことない人ばかりだったけど演技は良いと思います。

・原画
ところどころ手抜きが見られました。
立ち絵とCGのクオリテイの差異が・・
背景は古い館の雰囲気が上手く出ていて良かったと思います。

・Hシーン
Hシーンまでお堅い文章です。
それがエロいかどうかは別としてなかなかエロゲでは見られない書き方でした。

・総評
やっていると頭が良くなってくる感じがするゲーム。
硬い文章に抵抗がなければ

神樹の館 神樹の館
Windows (2004/09/24)
メテオ

この商品の詳細を見る




別窓 | エロゲーレビュー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<あまり俺を怒らせない方がいい | るろうにけんじー平成童貞浪漫譚ー | もうすぐ文化祭も近いので>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| るろうにけんじー平成童貞浪漫譚ー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。